Dan Dugan

DanDuganオートミキサー使用レポート~高知よさこい編~

Duganを使用した「よさこい」あおりマイク テクニック

毎年8月の10日11日(全国大会12日)で高知市内でおこなわれるお祭り「高知よさこい祭り」は、地方車(じかたしゃ)と呼ばれる各チーム色々と装飾を施され、最新音響機材を最後尾に積んだトラックが市内各所にある演舞場で踊り子たちに音楽を届けるために隊列の先頭をゆっくり走る。 踊り子は最大150人にもなり隊列も100m以上にもなるチームも存在する。
よさこい祭りの特質した形態で音響をトラック(地方車)に搭載し、しかもその地方車に乗ってオペレーションをするという非常に機材にも人にも劣悪な環境である事には違いない。
オペレーターの隣には25KVA以上な発電機が積まれておりミキシング作業は困難を極める。
しかもその地方車では歌ったり「あおり」と言われる踊り子たちに向けての掛け声をかけるマイクも使われる。中にはバンドスタイルの地方車もある。
マイクが使われる場所は地方車天井のお立ち台にあり、メインスピーカーの真後ろで使われオペレーターからは見えない事が多い。
普段マイクを使い慣れていない人もいるので、マイクの使われ方次第では非常にオペレーター泣かせでもある。
スピーカーの真後ろであるためハウリングマージンも厳しく隊列が長いチームだとより難しいオペレーティングが要求される。
今回、この劣悪な環境で我々オペレーターの手助けをしてくれたのが「Dugan Automatic Mixer」であった
DuganインターフェイスをマイクのチャンネルにInsertすれば、Duganが持つゲインシェアリング機能で複数マイク使用時におけるミキサーのクリップを防ぐ事やハウリングマージンには有利になる。
例えば歌やあおりのマイクが、いつ使われ始めてオペレーターから見えない環境だとミキサーのフェーダーは上げとないと、マイクの音が出ない恐れがある。
だが、フェーダーを上げてしまうと、発電機の音や周りの雑音など色々な音がマイクに入ってきてしまいトータルのサウンドが濁ってしまい、結果的に遠くに音が届かないのは良くない。
このオペレーターのストレスを軽減できるDuganはアナログ卓でも最新デジタルMixerでも使う事ができ、本体設定もiPadなどで簡単に設定できるので、今後のこの様なイベントには必須アイテムになるハズである。

- Writing by Nishihara. -

システム紹介

YAMAHA DM1000にMY8-AEカードを追加し、Dugan Model E-3(AES/EBU)をマイクチャンネルにインサート
スピーカーはd&b AudioTechnic社 Y-Series アンプはD80でAES/EBU接続によるフルデジタルのシステム
(サブはAUX別送りで使用)

会社紹介

有限会社リンクス
〒610-1126 京都市西京区大原野上里男鹿町11-8
Tel 075-335-0775

協力
CARAVAN SARY キャラバンサライ
〒780-0047 高知県高知市相模町17-21
TEL:088-873-1533
FAX:088-873-1544
http://www.caravansary.jp/sary/topsary.htm

PAGETOP